You are here
車検はディーラー以外でもできる?安くする方法とは

車検はディーラー以外でもできる?安くする方法とは

車検は何のために必要なの?

車検は新車の場合には3年目に、それ以降は2年に一度必ず行わなければいけないもので、その車が公道を走るのに適しているのかどうかをチェックするための物です。そのため、車検を行った時に車に不具合があった場合、その部分をきちんと修理しなければ公道を走ることができなくなってしまいます。万が一車検切れのままで運転していた場合には、違反点数6点、30日の免許停止、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金という厳しい処罰を受けなければいけません。


ディーラー以外でも車検を受けられる場所とは

特に新車で購入した場合にはディーラーから車検の案内が来るのでそのまま以来してしまうという人も少なくありませんが、車検は他にのガソリンスタンドや町の自動車修理工場、車検を専門としている会社で受けることができます。また、自分で陸運局の支局などに車を持ち込んで自分で車検を通す「ユーザー車検」などがあります。費用や特徴はそれぞれの方法で大きく違ってきますので、自分にあった方法で車検を受けるようにすると良いでしょう。


それぞれの特徴とは?

ディーラーはその車を製造販売している会社なので、修理が必要な際にも純正の部品で行ってくれます。きちんと点検を行ってくれるので安心して車に乗ることができますが、費用は一番高くなるケースがほとんどです。修理工場やガソリンスタンド、車検専門店は費用が安くなります。修理が必要な場合でも中古などを使えますので安く車検を通すことができます。一番費用が安いのはユーザー車検ですが、車検場に行ったり書類を揃えたりするのが大変になってしまいます。



日々の給油のついでに実施できる手軽さから、エネオスで車検を行うドライバーが増えてきている実情があります。

Related posts